> 仰向け寝の勧め:概要:仰向け寝の勧め

1 2 3

仰向け寝→姿勢改善→体調改善
体側面より背中の方が平らであるので、枕なし又は低めの枕(薄めの座布団など)で仰向け寝することにより、姿勢を改善できる。これにより、神経の信号の流れ、血液の流れが改善して、内臓の調子がよくなる。
体側面より背中の方が面積が広いので、仰向け寝は、寝床からの圧力が小さく、血液の循環が改善する。なので、同じ体勢を長時間維持できて、より熟睡できる。

1 2 3

Copyright© 2014-2015 健康枕研究所 All Rights Reserved.