> 枕はいらない!:猫背矯正の試み

1 2 3 4 5

猫背矯正の試み
枕を直接しないで、間接的にすればいいのではないか。敷き布団の下に板を置き、その板が枕をして、敷き布団の上半身側を傾斜させれば、頭の高さは枕を使ったときと同じになり、背中が平らになって猫背が矯正されるのではないか。幅50cm、長さ80cm程度の板を使って実験してみた。29年前である。
敷き布団の上半身側を傾斜
激痛
傾斜面が狭くて寝返りができないので、朝目が覚めたときも、仰向け寝であった。強制執行である。起きようとすると、背中、胸に激痛が走り、起きれない。なんとかして起きなければ。起きるのに15分程度かかった。起きて、姿勢を正しくすると、痛みが全くない。不思議だ。この痛みが、悪いものであったら、姿勢を正しくしても痛むはずだ。だから、矯正のための一時的な避けられない痛みなんだろう。そう思い、その後も同じ姿勢で寝ることにした。痛みがなくなるのに、2~3週間かかった。靱帯損傷による炎症とは、当時、分からなかった。

1 2 3 4 5

Copyright© 2014-2015 健康枕研究所 All Rights Reserved.