> 姿勢と健康:姿勢が悪いと健康を害する

1 2 3 4

簡単な実験
指を垂直にし、真上から押さえつけた場合、びくともしない。
指を少し曲げて押さえると、回転モーメントが働くので、簡単に曲がる。これに対抗すると、筋肉を使う。
指を垂直にし、真上から押さえつけた場合
指を少し曲げて押さえた場合
なので、猫背になると、体の負担が大きく、疲れやすい。
内臓の働きが悪化
脳神経が脊髄を通って内臓につながっている。猫背で脊椎が歪むと、神経が出る所(堆間孔)で神経が圧迫されて、信号伝達が悪くなり、胃、腸、肝臓、腎臓、心臓、肺などの内臓の働きが悪化する。
▲カイロの目標と目的 | Chiropractic  健康はカイロプラクティックとともに  - 楽天ブログ
画像引用元: ▲カイロの目標と目的 | Chiropractic 健康はカイロプラクティックとともに  - 楽天ブログ
首や肩のこり
猫背の場合、頭が前に倒れないよう首や背中側の筋肉が常に引っ張っている。なので、これらの筋肉に疲労物質である乳酸が溜まって、首こりや肩こりの原因となる。また、これら筋肉を通る血管が圧迫されて、血液の循環が悪くなる。首猫背やストレートネックも同様。
頭痛、肥満、便秘、冷え性、不安感、逆流性食道炎
猫背になると、胸腔・腹腔が体の厚み方向に圧迫される。胸腔が圧迫されると、呼吸が浅くなって、脳が酸素不足になって頭痛の原因となったり、血行が悪化してむくみや冷え性の原因になったり、 代謝が低下 して、痩せにくくなったり便秘になったり、交感神経が過剰に働いて不安感が強くなったりする。
腹腔が圧迫されると、胃が圧迫される。なので、食後に寝ると、胃の内容物が食道側へ逆流して、むかついたり、食べたものを吐いたりする( 逆流性食道炎 )。
スタイル悪化
猫背で頭が前に出ると、下腹を前に出して重力のバランスをとろうとするので、腰が湾曲し、腰痛の原因になるとともに、 スタイルが悪くなる 。背中や腰が曲がった高齢者のイメージと重なるので、老けて見える。
猫背
他にも諸症状

1 2 3 4

Copyright© 2014-2015 健康枕研究所 All Rights Reserved.